slefzg's diary

25歳主婦。webデザイナーになりたいんだな。

今日がwebデザイナーへの第一歩

エディタでポチポチはじめたよ

未経験からwebデザイナーになった方のブログに「本を丸暗記するだけじゃダメだ」とありましたので、今日から心を入れ替えて、基本中の基本から手打ちでポチポチ作業を始めました。
<h1>とか<li>とかその程度ですけれども。でもこればっかりでhtmlって作られるんですし。基本は大事ですよね。

それから今日は転職の電話面談をいたしました。

 webデザイナーの募集ではありませんが、web広告の製作職です。文章書いたり。
将来的にwebデザイナーへのキャリアステップが踏めそうでしたので、これは製作現場に触れられるのではないかと感じ、応募してみました。
給料なんかの条件もなかなか良さそうです。残業は本人の頑張り次第かな。乗り切りたい。

今日は派遣元の担当者とお話させていただいたのですが、ポテンシャルがあると言っていただけて・・・褒められるのは嬉しいですね(単純)
Photoshopが使えて良かったです。といっても写真の切り貼りやレタッチぐらいですが。マスクとかよく分からないんですよ。こちらもお勉強が必要ですね。

今日の進捗

プロとして恥ずかしくない 新webデザインデザインの大原則は読み進められてません。また明日ね。

 明日やること

 それよりPhotoshopのスキルを上げたほうがいいでしょうか?本はあるんですよ。

 

 

転職小話

今日は派遣元の担当者とお電話したのですが、そこで引っかかる会話があったのでご紹介。

担当「slefzgさんはご結婚なされているということですが、現在は家事をなさっているんですか?」
私「はい、そうですが?」
担当「こちらの仕事、残業が40時間ほど想定されていて、帰りが遅くなるかと思うのですが旦那様は大丈夫ですか?」
私「・・・どうにでもすると思いますよ。」
担当「そうですか。いい旦那様ですね(笑)」

21世紀にもなった今では、男女雇用機会均等法や女性の社会進出が唄われているというのに、このようなことを仰られる方がいるのですね・・・。

なんで「妻が夫の生活の面倒を見るものだ」という感覚なのでしょうか?3歳の子供じゃないでしょう?稼いでいるのだから外食なりしてこればいいでしょう?
よく「男は稼いで女を養う」というような構図を見聞きしますが、上記の価値観だと「男が稼いで女が養う(育てる)」になっていないでしょうか?
確かに「男が金を家庭に入れるのは、女の家事に対する対価(給料)」とするなら理屈はまかり通りますが、現代ではこのような上下関係はナンセンスでしょう。
女だって金を入れるから、男も家事をしてね。そう言えるはず。

まぁ、派遣会社ですから、「家庭もあるけど派遣でお小遣い稼ぎ程度に・・・。」みたいな登録者が多いんですかね?なんだか悲しくなりました。